「難治性痛み治療」を専門とする遠絡療法で、痛み・しびれ・重みを取り去ります。
Message From Dr.KO

〜生命の治療が私の使命〜

遠絡KO医学、遠絡療法代表
日本ENRAC医学会 理事長
銀座遠絡教学医院 院長
柯 尚志(コウ・ショウシ)

私はこれまで、難治性疾患、特に疼痛治療のために自分の人生を捧げるつもりで医療に携わってまいりました。
九州大学病院で麻酔科、国立九州がんセンターで放射線科、そして福岡で内科医として治療に当たってきた中、私に与えられた課題は常に「痛み」というテーマでした。その間東洋医学に関心を持ち、上海中医薬大学で研修した後も痛み治療に対して独自に研究を続けてまいりました。

そしてその集大成として、体だけでなく病の根底にある生命の治療をももたらす「遠絡療法」という治療理論を確立し、現在難治性の疼痛に苦しむ人々の治療に当たり、高い確率で治療効果をあげております。
痛みはあるときはその人の人生までも狂わせます。
特に原因不明の疼痛を抱えて多くの病院をたらい回しにされてきた患者さんにとっては、「なぜ自分だけがこんな目に遭うのか」、「どうせどこに行っても治るはずがない」、と半ば自暴自棄になり、人を恨み世を恨むというような精神上の苦痛が追い討ちをかけるのです。
私にはそのような患者さんの気持ちが手に取るように分かります。いえ、分かるのではなくて自然に相手の生命の状態を把握して、その患者さんが安心して治療を受けられるような言葉が出てくるのです。

それは私が、体の治療だけでなく、生命の治療ということに重点を置いているからです。特に難治性の疾患や疼痛は、医療行為だけでなくまず患者さん自身の生命力を回復させなければなりません。患者さんが病気を恨むだけでなく、暗い思いで人生を嘆きながら生きているようでは、生命力が回復するはずはなく低下するばかりです。

ですから私は患者さんを治療する前に、必ずお話をさせていただきます。
「あなたは自分の病気を真剣に治すつもりがありますか、あなたが決心しさえすれば、私にはあなたを治す力があります。けれどあなたが心を曲げてしまったままでは、治療は効果を挙げません。生命のエネルギーはあなたの外にあるのではなく、あなた自身の内にあるのです。治療する私と治療されるあなたと、お互いに力を合わせれば必ず病気を克服することができます」と。
遠絡医学は身体の病気だけでなく、心の病も癒すことができるのです。

病状というものは医学知識と観察力があれば判断できることです。
「遠絡療法」は、地道な研究の積み重ねから開発された新しい治療理論であり、正確な診断と治療技術を誇るものであります。
しかしその根幹にあるものは、その人の生命の治療ということです。生命の治療ということは、結局は苦しむ人を助けたいという愛の心です。

遠絡療法の究極の目的は、全世界の難治性の疾患や疼痛で苦しむ人たちをその苦痛から救うことです。そのためにこの療法を少しでも多くの医療に携わる方々にご理解いただき、また治療を受ける側の方々にも是非知っていただきたいと切に願うところです。

病を治し、人を救い、生命の再生を目指し、例えそれがろうそくのような灯りであっても、今の世の中を少しでも明るくしていくことでに、日々決意を新たにしているのです。

 

ご連絡先

銀座遠絡教学医院

住所:東京都中央区銀座5-10-6 御幸ビル3F

予約専用電話:03-5537-1270/FAX:03-5537-1259
患者様用お問合せメール: painless-clinic@enrac.com

日本ENRAC医学会 Facebook